JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2020年01月24日

平成16年度事業報告

平成16年度事業報告
日時:平成17年4月10日
場所:東京YMCA社会体育・保育専門学校

1. 各種会議、委員会の開催
1) 理事会
(1)第3回 平成16年4月17日(土) 兵庫県柔道整復師会館
(2)第4回 平成16年9月12日(日) ルノアール 銀座6丁目店
(3)第5回 平成17年2月6日(日) 第一ホテル東京
2) 認定委員会
(1)第4回 平成16年5月30日(日) ルノアール ニュー銀座店
(2)第5回 平成16年10月3日(日) ルノアール ニュー銀座店
3) 総務委員会
      (1)第1回 平成16年11月3日(水) ルノアール 銀座6丁目店

2. 全国活動報告会及び年次総会の開催
  全国活動報告会 本年度は開催せず
  年次総会    平成17年4月10日(日) 

3. JATACATCの認定
1) 新規認定事業  47名
(1)平成16年4月1日認定者  39名
(2)平成16年10月1日認定者  8名
2) 認定更新事業  10名(※4月10日受講者は含まず)
3) 単位認定事業
(1) 認定単位(正会員)
・ a領域(本部主催の研修会) 5回 47単位
・ b領域(支部主催の研修会)20回 32単位
・ c領域(関連団体の研修会)11回 27単位
(2) 特別認定単位(一般会員)
・ スポーツ医学系領域   26講座 67単位
・ スポーツ科学系A領域  18講座 34単位
・ スポーツ科学系B領域   2講座  2単位
・ 研究討議領域      13講座 53単位

4. 学術研修会の開催
1) 国内:
(1)認定更新講習会
     @長野会場
        期日:平成16年12月5日(日)
        会場:(社)長野県柔道整復師会館(長野市)
        内容:「なんば走りの理論と実技」講師:矢野龍彦(桐朋学園大学教授)
「中高齢者の体力評価」講師:片岡幸雄(千葉大学教育学部教授)
           「スポーツ活動による腰痛の評価と処方
(各種テスト法による鑑別処置)」
             シンポジスト:NPO法人JATAC長野支部正会員3名
        参加:76名(内更新者4名)
A静岡会場
     期日:平成16年12月19日(日)
     会場:ラペック静岡(静岡市)
      内容:「コーチから見た選手に対するトレーナーの役割
         −フランスナショナルチームのメディカルトレーナーのしくみについて−」
           講師:溝口紀子(静岡県立大学短期大学助手、
バルセロナ五輪柔道52kg級銀メダリスト)
「肩関節周囲外傷に対するリハビリテーション及びトレーニング
指導について −野球選手のケアを中心に−」
           講師:臼井義雄(ヤマハ硬式野球部トレーナー、
日本体育協会公認アスレチックトレーナー)
     参加:30名(うち更新者5名)
  B北海道会場
     期日:平成17年1月23日(日)
     会場:北海道立道民活動センター(札幌市)
      内容:「交通事故損害賠償の法律
−被害者の権利と柔道整復師の法的立場」
           講師:亀田成春(弁護士)
「カイロプラクティックの治療における症例」
           講師:五十嵐直樹(ロイヤルメルボルン工科大学健康科学学部
カイロプラクティック学科日本校専任講師)
     参加:48名(うち更新者1名)
  C東京会場
     期日:平成17年4月10日(日)
     会場:東京YMCA社会体育・保育専門学校(江東区)
      内容:「人工関節とスポーツ」
           講師:中野偉夫(静岡大学名誉教授)
「治療に活かす筋運動時の筋酸素動態の生理」
           講師:増原光彦(大阪体育大学副学長)
       「シンポジウム:スポーツとリスト」
          座長兼演者:岩本芳照(NPO法人JATAC理事)
          演者   :佐藤勇司(NPO法人JATAC理事)
                菊地 晃(NPO法人JATAC宮城支部)
(2)フットワークショップ・パートT 
期日:平成17年2月11日(金)、12日(土) 
会場:JBビル(東京都中野区)
内容:バイオメカニクスの基礎理論、バイオメカニクス的評価の技術、歩行分析、足底板療法、アブノーマルなバイオメカニクス機能に起因する下肢障害、ビデオを使った歩行分析実習、等
講師:Andrew Van Essen(前オーストラリア足専門医協会会長)
参加:21名  
2) 海外:
(1)米国アスレチック・トレーニングセミナー・アドバンスコース(第10回米国研修)
期日:平成16年5月2日(日)〜9日(日)
        会場:ポートランド州立大学(オレゴン州ポートランド市)
        内容:NBAポートランドトレイルブレイザーズ施設見学、フットボール練習前後のケア、各種リハビリテーション、NIKE本社リハビリ施設視察、チーム専属PTクリニック視察、各種固定法(キャスティング・パッド) 等
講師:Jim Wallis(同大学助教授、ヘッドトレーナー、NATA・ATC)
団長:菊地俊紀(千葉大学・NPO法人JATAC事務局長)
参加:9名
(2)米国アスレチック・トレーニングセミナー・ベーシックコース(第11回米国研修)
        期日:平成16年8月30日〜9月6日
        会場:ポートランド州立大学(オレゴン州ポートランド) 他
        内容:NIKEワールドキャンパス視察、呼吸循環フィットネスの評価身体組成、バイオメカニクス的評価と機能的コンディショニング、ストレングストレーニング、SAQトレーニング、傷害評価の基礎概念と膝関節傷害の評価、アスレチック傷害のケアと予防、緊急時の行動手順、NCAAフットボール公式戦観戦、リハビリテーションの原則、テーピングセッション 等
        講師:Jim Wallis(同大学助教授、ヘッドトレーナー、NATA・ATC)
 Gary Brodowicz(同大学教授、ACSM)
 Randy Miller(同大学コミュニティヘルス学部所属、CSCS)
        団長:岩本芳照(兵庫支部・NPO法人JATAC理事)
        参加:44名
   (3)豪州スポーツ・バイオメカニクス・ワークショップ
(フットワークショップ)パートU(第4回豪州研修) 
期日:5月1日(土)〜7日(金)
会場:サウスオーストラリア大学(サウスオーストラリア州アデレード市)
内容:バイオメカニクス測定と評価、歩行分析、スポーツシューズとバイオメカニクス、キャスティング、足底板製作、膝損傷の触診・テスト法、ポディアトリー開業医見学、スポーツメディカルクリニック視察、コンピュータによる足底板製作 等
        講師:Andrew Van Essen(同大学非常勤講師) 他
        団長:岩田勝(大阪体育大学・NPO法人JATAC副会長)
        参加:11名

5. JATACニュースレポートの発行 年4回
第27号 平成16年5月1日発行  全国活動報告会特集
   第28号 平成16年9月1日発行  米国研修、豪州研修
   第29号 平成16年12月1日発行  米国研修、理事会報告
   第30号 平成17年3月1日発行  理事会報告、フットワークショップ報告

6. 内外アスレチックトレーニング及びトレーナーに関する情報の収集と研究法の開発
   地方支部との情報交換
   アメリカ・オーストラリアとの情報交換

7. 会員及び支部の活動支援
   支部主催講習会の視察及び情報交換

8. その他
1) 広報活動
(1)ホームページの管理
(2)協会パンフレットの作成  総務委員会にて内容を検討中
posted by jatac-atc at 14:28| 総会