JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2020年01月24日

平成22年度事業報告

平成22年度事業報告

日時:平成23年7月18日
場所:明日都浜大津ふれあいプラザ(滋賀県大津市)

1. 各種会議、委員会の開催
1) 理事会
(1) 第21回 平成22年4月10日(土) 東京海員会館
(2) 第22回 平成22年7月17日(土) パルシティ仙台宮城中央市民センター
(3) 第23回 平成22年12月5日(日) サンブリジ新橋ビル
2) 会長会議
    (1)平成23年1月9日(日) 本部東京事務局
3) 認定委員会
(1) 第16回 書面会議(平成22年6月)
(2) 第17回 書面会議(平成22年11月)
4) 各種委員会
      (1)施行細則検討委員会  平成22年4月10日(土) 東京海員会館
      (2)テーピング技術委員会 平成22年4月10日(土) 東京海員会館
                   平成22年12月5日(日) サンブリジ新橋ビル
      (4)スポーツ科学講習会委員会 平成22年4月10日(土)  東京海員会館
      (5)教育研修委員会    平成22年12月5日(日) サンブリジ新橋ビル

2. 全国活動報告会及び通常総会の開催
1) 第15回全国活動報告会
    期日:平成22年7月18日(日)19日(月・海の日)
 会場:仙台接骨医療専門学校(宮城県仙台市)
 参加:大会参加者97名(会員76名・一般21名)
   ワークショップ59名
   懇親会37名
内容:一般発表 口頭発表10題、誌上報告4題
        特別講演「冬季競技のスポーツ現場におけるアスレチックトレーナーの諸問題とその対応」
       講師:鈴木省三(仙台大学教授)
シンポジウム「冬季スポーツ現場でATに望む事」
       演者:近江俊正(青森支部)、伊東秀高(福島支部)
       司会:山内春雄(岩手支部)
     ワークショップT「トレーナー活動でのテーピング(レベルアップのための)」
       講師:金澤錬太郎(JFLソニー仙台FC、宮城支部)
     ワークショップU「加圧トレーニングについて」 
講師:坂本一雄(加圧トレーニング准統括指導者、青森支部)

2) 通常総会
  期日:平成23年 7月18日(月・海の日) ※東日本大震災のため延期 
  
3. JATACATCの認定 ※詳細は資料 
1) 新規認定事業
(1) 平成22年4月1日認定者13名 
(2) 平成22年10月1日認定者6名
2) 認定更新事業
(1) 平成21年10月1日認定更新承認者1名
(2) 平成22年4月1日認定更新承認者7名
(3) 平成22年4月1日永年認定会員承認者1名 

(4) 平成22年10月1日認定更新承認者2名
(5) 平成22年11月30日現在認定更新保留者26名
  平成21年4月1日更新対象者19名
  平成21年10月1日更新対象者2名
平成22年4月1日更新対象者5名
3) 単位認定事業 
(1) 認定単位(正会員)
         a領域(本部主催):1回3単位  b領域(支部主催):10回24単位
         c領域(関連団体):8回20単位
(2) 特別認定単位(一般会員)
         スポーツ医学系 :13講座19単位  スポーツ科学系A:12講座42単位
         スポーツ科学系B:1講座1単位  研究討議:9講座24単位

4. 学術研修会の開催
1) 国内
(1) 通常総会兼本部講習会
期日:平成22年4月11日(日) 会場:古石場文化センター(東京都江東区)
内容:講演1「カイロプラクティック技術とスポーツ障害」
講師:伊佐和敏(米国公認カイロプラクター)
講演2「力学から見た整復療法」 
講師:岡本武昌(明治国際医療大学教授)
           シンポジウム「ATと高齢者機能訓練」
          司会:片岡幸雄(副会長) 
            演者:原和正(長野支部)地域高齢者対策とATの役割
               小池龍太郎(東京支部)柔道整復師が実施する高齢者機能訓練の実践例
                 嶋木敏輝(千葉県接骨師会)介護予防と機能訓練指導員
参加:50名
(2) 通信教育
平成22年度T期受講者 22名(144科目・288単位)
平成22年度U期受講者 16名(99科目・198単位)
平成22年度V期受講者 19名(110科目・220単位)
2) 海外
(1)米国アスレチックトレーニング(AT)&解剖実習
期日:平成22年8月24日(火)〜9月2日(木)  参加:19名
会場:AT実習 ポートランド州立大学(オレゴン州ポートランド)
          解剖実習 バスティーユ大学(ワシントン州ケンモア)
       引率:小野清子(会長) 菊地俊紀(専務理事) 工藤康宏(理事)
       内容:アスレチックトレーナーの義務、リハビリテーションの概念、下肢の臨床バイオメカニクス、傷害評価の基礎概念−膝の評価を中心に、障害ケアの概念−急性期のリハビリテーション、テーピングセッション(足関節・手首・指・膝) 、フットボール練習及び前後のケア見学、ウインゲイト無酸素自転車テスト、最大トレッドミルテスト−シングルステージ、運動を用いない最大酸素摂取量の予測、ストレングス&コンディショニングの最新情報、爆発的筋力トレーニング、筋力トレーニングの基礎、機能的筋力トレーニング、体温調節、競技者のための用具・備品の準備、人体解剖実習、バスティーユ大学構内見学、MLB観戦
                        

5. トレーナー派遣事業
1)東京マラソン2011 平成23年2月27日(日) 利用者数469名(都柔接含まず)
2)全日本リレーオリエンテーリング 平成23年2月20日(日) 利用者数36名

6. JATACニュースレポートの発行 年4回(6・9・12・3月 各月1日発行)
    第51号 平成22年7月1日発行
第52号 平成22年9月1日発行
    第53号 平成23年1月10日発行
   ※第54号は東日本大震災(23年3月11日)の影響を考慮し発行延期

7. 会員及び支部の活動支援
1) ブロック研修会の実施
(1) 関東・東京ブロック研修会 平成22年11月3日(水) 
(2) 北信越ブロック研修会   平成23年3月27日(日)
(3) 東海ブロック研修会    平成22年10月17日(日) 
(4) 近畿ブロック研修会    平成22年6月6日(日)  参加者26名
(5) 九州ブロック       平成22年11月23日(月) 参加者54名

8. その他
1) 広報活動 ホームページの管理・リニューアル、ブログの作成(http://jatac-atc.sblo.jp/)
posted by jatac-atc at 14:36| 総会