JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2010年11月01日

認定委員会

委員

  • JATAC(3名)
  • 金物 壽久(長野赤十字病院):専門医・JATAC理事
  • 原  和正(原整骨院):JATAC副理事長
  • 片岡 幸雄(大阪人間科学大学):JATAC理事長
  • 外部委員(2名)
  • 加瀬 建造(キネシオテーピング協会会長):学識経験者
  • 佐々木 武人(福島大学名誉教授):スポーツ科学・学識経験者

認定委員会細則

この委員会はNPO法人JATAC定款第43条の規定により設置する

  1. この委員会の名称は認定委員会とする
  2. この委員会は定款の定める目的を円滑に達成するために次のことを行う
    (1)資格更新に関する事業等の企画
    (2)会員資格更新に関する審査
    (3)正会員登録に関する審査
    (4)通信教育に関する助言
    (5)柔道整復師養成学校におけるスポーツ科学講座に関する助言
    (6)その他
  3. この委員会は次の委員によって構成する。委員は理事会の改選後の理事会の承認を得ることとする
    専門医 1名
    学識経験者2名
    JATAC理事2名
    JATAC事務局長
  4. この委員会は目的遂行のため原則として当該年度5月・10月開催する
  5. この委員会は本部及び支部が企画する全ての資格更新事業に関しその適宜性・妥当性等を審査し、認定する
  6. この委員会は正会員の資格更新に関する書類等を審査し、その適格性・妥当性等について理事会に意見を具申する
  7. この委員会は正会員登録に関して申請のあった一般会員の適否について審査する。この審査結果は理事長に具申しなければならない
  8. この委員会は学生会員の資格更新に関して審査する
  9. この委員会は柔道整複師養成学校におけるスポーツ科学に関する講座開設等の相談に対して助言する。相談内容の結果について資 格検討委員会に連絡する
  10. この委員会はニュースレポート等で認定に関する情報を会員に周知しなければならない
  11. この委員会の事業に関する経費は予算の範囲内で支弁する
  12. 付則
    1 この細則の適用は平成16年4月からとする
  13.   令和元年(2019)前期認定委員会報告 令和元年5月12日(日)正午から令和元年前期認定委員会が開催され、下記の新規正会員および 認定更新者が承認されましたので報告いたします。                             NPO法人JATAC認定委員会 委員長 金物壽久 ◎「新規認定」令和元年4月から5年間 C09F012山田涼太(栃木県)・C28F075入川卓也(大阪府)・C28F076梶山寛和(大阪府)・C28F077小山結花(大阪府)・C28F078宮城凌央(大阪府)・C15F035橘 泰正(東京都)・C02F016坂本昂大(青森県)・C15F036石川昌樹(東京都)・C37F001川口泰成(徳島県)・西脇一馬(兵庫県) ◎「認定更新」令和元年4月から5年間 C14M002深澤 徹(山梨県)・C07S004田村 努(福島県)・C30M005上田英司(兵庫県)・C01M003小野寺恒己(北海道)     
posted by jatac-atc at 00:00| 会員資格について