JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2010年11月01日

第7回 平成14年3月16日(土),17日(日) 於:東京YMCA社会体育専門学校

第7回JATAC全国活動報告会、第8回JATAC年次総会が平成14年3月16日(土)、17日(日)に東京YMCA社会体育専門学校(東京都江東区東陽)で開催されました。

1日目に行われた年次総会では、懸案であった「NPO法人格取得」が承認され、平成14年度中の取得を目指して現在申請作業を進めております。また、会員資格の変更も同時に承認され、本協会の会員になるための資格が大幅に緩和されました(会員資格の変更に関する詳細はこちら)。この日は恒例のワークショップが行われ、認定更新講習会を兼ねて開催されたこともあり、70名を越す参加者がありました。

2日目は一般発表、特別講演、特別企画が行われました。午前中に行われた特別講演には、野球の傷害に関しては日本で最先端を行く吉松俊一先生を講師にお迎えしました。本題の傷害のみならず、大リーグの話題、巨人軍の松井先生の話題等を盛り込んだ巧みな話術に100名を超える会場は大いに盛り上がりました。後援終了後は、参加者と先生との記念撮影会が昼食の時間にも関わらず続いていました。(松井選手が来年、大リーグのどの球団に入りそうなのか具体的なチーム名が飛び出しましたが、ここでは紹介は控えさせていただきます。)

2日間でのべ202名の参加者があり、非常に盛り上がった大会ではなかったかと思います。来年度は平成15年3月に関東地区で開催する予定です。

IMGA0486.JPG
第8回年次総会
IMGA0512.JPG
吉松俊一先生(更埴中央病院院長、長野県体育協会スポーツ科学委員会委員長)による特別講演「野球選手のスポーツ障害とその対策」 司会:原和正(JATAC理事)
IMGA04811.JPG
矢萩裕先生(左側)(Vリーグ「パイオニア・レッドウイングス」メディカルトレーナー)によるワークショップ「種目別テーピング・バレーボール」
戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 活動内容について