JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2010年11月01日

第9回 平成16年4月17日(土)、18日(日) 於:兵庫県柔道整復師会館

第4回大会(平成11年、大阪体育大学)以来の関西地区開催となった今大会は、雨と風に祟られた昨年とはうってかわって初夏を思わせるような天候に恵まれ、二日間を通じて過去最多の317名の参加がありました。

  • 一般発表:22題(口頭発表11題、誌上報告11題)
  • 特別講演「実践スポーツ内科学」
    講 師:賀来正俊氏(賀来医院院長、KOBE SPORTS ACADEMY代表)
    司 会:根來信也(NPO法人JATAC兵庫)
  • 特別企画パネルディスカッション「柔道整復師のトレーナー活動の将来展望」 座長:岩本芳照(NPO法人JATAC兵庫)
    演者
    牛島詳力(NPO法人JATAC大阪)−NATAとの比較
    原 和正(NPO法人JATAC長野)−トレーナーの組織作り
    根來信也(NPO法人JATAC兵庫)−救護活動とトレーナー活動
    荒川利夫(関西健康科学専門学校)−柔整養成校の立場から
  • ワークショップ「スポーツビジョンの基礎と実践」
    講師:田村知則氏(田村スポーツビジョン研究所代表)
DSC01011.JPG
大会初日のワークショップ田村先生
DSC01017.JPG
年次総会。15年度決算、新役員等が承認された。
DSC01022.JPG
懇親会。中野新理事による乾杯。
DSC01027.JPG
大会2日目。満員となった会場。
DSC01032.JPG
特別企画のパネリスト。左から荒川氏、根來・原・牛島会員。
DSC01037.JPG
賀来先生による特別講演

大会レポート

  • 今回のパネルディスカッションのようなテーマは過去数回にわたり「組織の将来」について論じられてきた。そこで今回は柔道整復師個々の視点からの将来展望を試みた。4人のパネリストにそれぞれの立場から口演頂き、活動の意義や経済的効果、今後の課題などについて話し合った。一人目の牛島詳力会員は「NATA−ATCと柔道整復師、日本の競技スポーツ現場での活動比較」と題し米国での資格取得者の意見を、二人目の原和正会員からは「トレーナーの組織作り」と題するも積極的な活動の意義及び有効性を、三人目の根來信也会員は「救護活動とトレーナー活動から救護トレーナー活動へ」と題して初期の活動からの変遷と今後の展望を、最後に荒川利夫氏からは「柔道整復師養成学校教員の立場より」として学校の取り組み方、業界全体の将来への課題などを熱弁頂いた。苦難の時代を迎える柔道整復師にとってトレーナー活動が明るい未来への活路となるように祈りを込めた企画だったともいえる。(岩本芳照、特別企画座長)
  • 「実践スポーツ内科学」はスランプについてのお話しが中心であり、ユーモアにあふれており、楽しく拝聴することができました。「根性がない」など精神的問題になりがちであるが、原因の90%は内科的疾患であり、RECKS(R:練習、E:栄養、C:治療、K:休養、S:睡眠)を適切に実施していくことにより防げる疾患でることがわかり、内科的疾患を念頭に置き指導を行う重要性を痛切に感じました。(根來信也、特別講演司会)
戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 活動内容について