JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2010年11月01日

第13回 平成20年7月19日(日)・20日(海の日) 横浜医療専門学校(神奈川県横浜市)

3年ぶりの関東開催。梅雨明けの猛暑の中231名の参加があった。

  • 一般発表:23題(口頭発表15題、誌上報告8題)
  • ワークショップ「スポーツ整膚」
    講 師: 徐  堅(世界整膚連盟総裁・整膚学園本部学長)
    司 会:伊澤政男(NPO法人JATAC理事)
  • 実行委員会特別企画「足のバイオメカニクスから見たスポーツ障害」 
    講 師:入澤  正(千葉支部)
    司 会:高橋  勉(千葉支部)、菅俣弘道(神奈川支部)
  • シンポジウム「アスレチックトレーナーの現場Vol.1マラソン」
    司 会:原 和正(NPO法人JATAC副会長)
    演 者
    大谷尚夫(千葉支部−つくばマラソンでの活動)
    坂巻庸隆(茨城支部−つくばマラソンでの活動)
    伊澤政男(東京支部−東京マラソンでの活動))
    西條義明(長野支部−長野マラソンでの活動
IMGP07341.jpg
開会を宣言する菅俣実行委員長
IMGP08461.jpg
ワークショップの徐堅先生
IMGP08661.jpg
懇親会で徐堅先生を囲んで
IMGP08691.jpg
大いに盛り上がった懇親会の2次会
IMGP08801.jpg
入澤先生(実行委員会特別企画)
IMGP08861.jpg
シンポジウム演者

大会総括

平成20年7月20日・21日、連日の猛暑のなか、全国より大勢の先生方をお迎えし、第13回NPO法人JATAC活動報告会を、皆様の協力のお蔭を持ちまして無事終了することができました。各セッションの報告は、他の先生にお願いすることとして、私は、全体的な報告をさせていただきます。

今回の会場をお願いしました横浜医療専門学校では、会場の設営、映像・音響機器など全面的なバックアップをいただき、皆様に良好な環境を提供することが出来たと思っています。そして活動報告会そのものでは、各方面でご活躍の先生方による貴重な情報提供である活動報告や、ワークショップでは、世界整膚連盟総裁である 徐 堅 先生をお迎えしての“整膚”体験、実行委員会特別企画で行われた入澤先生・高橋先生による“足のバイオメカニクスからみたスポーツ障害”、熱い議論が交わされたシンポジウム、と大変興味深く有意義であったと思っています。その様に濃い内容であったにも関わらず、時間的なゆとりも持つことが出来、よかったのではないかと考えています。

自分一人の限られた経験・情報を仲間の経験を共有することでそれを補い、自分の経験量・情報量を積み上げるそのような場を提供できたのではないかと思っています。今大会では、実行委員長という大役を任され、自分の力の無さを痛感するところではありましたが、私にとっては仲間の大切さを再確認することのできたよい機会となりました。

最後になりましたが、本報告会を開催するにあたり快くご講演をお引き受け頂きました諸先生、また開催にご尽力を頂きましたJATAC本部役員、事務局ならびに横浜医療専門学校関係各位に心より御礼申し上げ大会報告とさせて頂きます。
(文責 菅俣弘道 大会実行委員長)

この文章はニュースレポート44号い掲載したものです

戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 活動内容について