JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2010年11月01日

国内研修 2007-2008(平成19年度)

第5回フットワークショップ・パートU 期日:平成19年5月3日(木)−5日(金) 於:千葉大学西千葉キャンパス 参加者9名

  • 1日目 12:00-20:00
    ・足底板療法の歴史と現在の技術
    ・バイオメカニクス的分析
    ・バイオメカニクス的欠陥による代償作用
    ・歩行分析
    ・バイオメカニクス評価の従来モデルの代わり
  • 2日目 9:00-18:00
    ・キャスティングの技術
    ・キャスティング実習
    ・キャストの評価
    ・足底板の調整
    ・キャストパウリング
  • 3日目 9:00-17:00
    ・キャストの調整
    ・足底板の製作
    ・足底板の調整
    ・試験
    ・まとめと質疑応答
DSC037421.jpg
初来日のチャーリー先生の実技
DSC037431.jpg
大学近くの居酒屋で慰労会
DSC037701.jpg
キャストの調整
DSC037811.jpg
バキュームで足底板を作成
DSC037841.jpg
出来上がった足底板をグラインダーで調整
DSC037951.jpg
参加者全員で記念撮影

今回の講習は待ちに待った国内での講義とあってすぐに申し込みを致しましたが、途中経過で定員割れの可能性があり、開催が危ぶまれました。幸い人数も揃い無事に受講となりました。(自院の平日を休診にせず助かりました。)只、参加人数が少なかったのは、失礼ですが、個人的に3つ程原因があると思いました。一つ目は長い連休なので先に予定を組んでおられた先生方が多かったのではないでしょうか。二つ目はレセプトの締め切りの問題、三つ目は足底板の講習としか見ていらっしゃらないのでは?確かに最終日には足底板作成致しましたが、今回の講習会は他に類を見ない、ヨーロッパでは全て共通する医学であり国内でよくある○○○式の講習会で、講師によって意見が分裂してしまうというような低レベルではありませんでした。足部の角度異常がさほど大きくなければ、足病学に基づくテーピング・靴の選び方・歩行の仕方・ストレッチの処方のみでも今迄 回善されなかった患者の症状を変化させ、患者本人や家族にレントゲンやMRIがなくてもペンと角度計があれば、目視で説明出来るようになるのです。(今迄幾つも足病の講習会へ出席致しましたが、やっと本物に出会った気持ちです。)
初日の講義はスライド・テキスト・実技と移行しました。正直スピードが早くついて行くのに不安がありましたが、国内で既に何度か受講しておられた先生方に助けて頂きました。しかしながら、受講すればする程奥が深く、骨折・脱臼とまた違う繊細な手技を要求され今でも国内の先生にご指導を受けております。ルート理論に基づくアセスメントシートという一枚の関節角度表ですが、歩行に必要な全ての動きを 股関節から母指まで各関節事に再現性のある計り方で計測しました。ニュージーランドの整形外科医の考案した、ドライヤーで温めるだけで作成できる簡易型の足底板を各自履いてメリット・デメリットを実感しました。
次の日は千葉大学で足型を石膏で取りそれを良い角度に修正してオーブンで過熱したポリプロピレンをかぶせ、バキュームの機械で圧着し、よけいなバリを削るという本場の基本手順を学びました。将来は国内でもより早く、適切な価格で患者に提供できるのではないかと感じました。また千葉大では校舎の外で実技を行い、お天気も良く開放的な気分でした。
最後に他の講習会でも共通していると思いますが、同じ志を持った仲間が遠方より集まり数日間過ごせた喜びは大変大きく感じ、体は疲れているはずなのに、次の日の診療は笑顔で患者を向かえる事ができました。スタッフ・関係者の皆様に深く御礼申し上げます。
(文責 中野英治 埼玉支部)

第10回フットワークショップ・パートT 期日:平成19年4月29日(日)・30日(月) 於:東京海洋大学品川キャンパス 参加者13名

  • 1日目 11:00-20:00
    ・用語解説
    ・バイオメカニクスの基礎理論
    ・バイオメカニクス的評価の技術(ビデオによる解説・実習)
    ・歩行分析(講義・実習)
    ・バイオメカニクス的な異常に関する下肢障害
  • 2日目 9:00-16:00
    ・足底板療法(講義)
    ・フォームソティクスの理論と実習
    バイオメカニクス的評価・歩行分析・フィッティング
    ・テーピング(講義・実演・実習)
    ・競技用シューズのデザイン
    ・質疑応答
DSC036891.jpg
エッセン先生のデモ
DSC036971.jpg
歩行分析
DSC037121.jpg
フォームソティクスのフィッティング

通常総会兼講習会 平成19年4月8日(日) 於:東京海洋大学品川キャンパス 参加者41名

  • 講演1「国体におけるアンチドーピング」
    講師:南昌平(聖隷佐倉市民病院病院長、千葉大学非常勤講師)
  • 講演2「接骨院における超音波画像診断」 講師:嶋木敏輝(千葉県接骨師会)
  • シンポジウム「長野マラソンにおけるアスレチックトレーナーサポートシステム」
    司会:原和正(NPO法人JATAC理事・長野支部)
  • シンポジスト:西條賢治(NPO法人JATAC長野支部)、野竹富士雄(NPO法人JATAC長野支部)
DSC036701.jpg
平成18年度通常総会
DSC036661.jpg
会場の東京海洋大学「楽水会館」
DSC036671.jpg
南昌平先生
戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 活動内容について