JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2010年11月01日

第14回米国研修

今年で14回を迎えた米国アスレチックトレーニング研修に同行した。平成18年8月29日お昼頃成田空港に集合した。今年は東海学園大学のトレーナー専攻の学生20名、柔道整復師・鍼灸師6名、東海学園大学の教員2名、菊地事務局長と小生を含め総勢30名の参加者であった。今回始めて参加された東海学園大学学生の参加については工藤康宏先生(元東京YMCA)のお世話によるもので、同行された松葉先生(整形外科)の研究室の学生であった。両先生に心から感謝を申し上げたい。(片岡)

写真
研修開始直前の綿密なミーティング。会場は宿舎向かいの「Cheerful Tortoise」
写真
打合せの最中に宿舎で小火騒ぎ。原因は名門W大の学生(という噂)。
写真
研修開始。まずは、基本中の基本足関節のテーピングから。
写真
続いてストレングス実習。担当のFabianは毎朝5:30から働いているとか。
写真
フットボールのユニフォームを着て記念撮影。
写真
Ondineの廊下で懇親会。フロアー貸切なのでクレームはありません。
写真
研修2日目。NIKE本社ではロナウド像の前で記念撮影。
写真
午後はフットボールの練習、前後のケアを見学。
写真
夜は部屋でミーティング(?)右端が一世を風靡した「ふ●どし先生」。
写真
休日は金曜日だったのでいつもの「Bullpen]へ。
写真
飲んでばかりいるわけではありません。研修3日目の無酸素パワー測定。
写真
午後はRandy先生のストレングスの実技。
写真
バランスボールを使って色々な運動を体験。
写真
「金の鯱」。こんな運動はありませんのでよい子はまねしないように。
写真
夜はGary教授の奥様(右端)の手料理でホームパーティ。
写真
いよいよ研修最終日。Jim先生の十八番キネシオテープ。
写真
団長もお疲れ(のみ疲れ?)です。
写真
最後の講義。Gary教授による身体組成測定。
写真
最後は恒例のJim先生自宅にてガーデンパーティ。
写真
真ん中の子供はアシスタントトレーナーDuaneのお嬢さん。
写真
これも恒例のMagic Show。イ●ド人もびっくり、高橋先生(岐阜)のマジック。

研修旅行記

今回参加をさせて頂く事に決めたのは、ACTが数多く活躍されるアメリカでの現場を少しでも見られる事ができるならば、という思いに尽きます。同行者に知り合いがいる訳でもなく、少々、心配な初日でしたが、その心配を払拭して頂ける先生方のキャラクター(日米共に)。また、今回は東海学園大学の学生さんも多数参加され若さの勢いに押させながらのあっと言う間の7日間でした。今回のプログラムは基礎的な事を学ぶという事もあり私にはタイミングとしても良かったと思います。膝関節の傷害評価の基礎概念や日常の現場で受傷者が多いと感じていたACL損傷の予防トレーニングは特に興味深く拝聴し、帰国後、競技指導者にパフォーマンス向上、障害予防に役立てて貰える様に、折に触れて話しています。自分が見て、体感した事を、より自信を持って伝えられる事に今回の研修に参加した意義を感じます。また、ACTの負うべき義務や役割の講義では選手との距離感や、コーチと選手との間で、ケガの状態を冷静に判断し伝える大切さを学び、また大学院生として学びながらACTとして活躍しておられる小高氏、白幡氏からも直接、現場の実状を聴かせて頂けた事は大変貴重な事でした。異国の地で活躍されている姿は同じ日本人として大変誇りに思い、また私も頑張らなければと新たな気持ちにさせて貰える出会いでした。

また、ポートランド州立大学の先生方、団長の片岡先生には時間の許す限り私たちとのコミュニケーションならぬ飲ミュニケーションの時間をつくって頂き、JATACができ、この地で研修ができるまでの経緯を知り、人との出会いや縁の繋がりの中に自分も身を置かせて頂けた事に感動し、こうしてまた縁が繋がっていくのだなぁと感慨に耽りながら参加して本当に良かったと思える瞬間でした。今回の研修に携われたポートランド州立大学のJim先生及び諸先生方、小高氏、白幡氏、通訳の八千代さん、片岡団長、菊地先生をはじめ日本から参加された皆様、この場をお借りしてお礼も申し上げます。ありがとうございました。
(文責 渡部礼子 三重支部)

今年の夏で14回目のポートランドとなった。1997年の9月、午後の授業を休講にして成田まで直行し、2日遅れて参加したことがまるで昨日のことのように思い出される。あれから9年、研修中には様々なことがあった。アメリカではニュースにもならなかった「北朝鮮のミサイル発射事件」、危うく米国内への足止めを免れた「同時多発テロ」、ゴールデンウィークなのに成田の出発ロビーががらがらだった「SARS問題」、行きの飛行機が打ち落とされるのでないかといわれた「イラク戦争」。参加者が集まらず、研修を断念しかけた時もあった。チケット紛失、クレジットカード紛失、乗り継ぎ便への乗り遅れ、池に飛び込んで捻挫、タクシーで迎えに行ったら行方不明(ちゃんと見つかりました)、夜遅くまで帰ってこないと思ったら部屋で熟睡、機内で飲み過ぎて入国審査で別室連行等々、今考えると危ないこともあったが、14回の研修で人命にかかわるような重大な事件は起きなかったことは幸いであり、神に感謝したい。

片岡副会長と故ミランPSU教授との信頼関係からスタートしたこの研修は、途中開催時期、若干の内容修正はあったものの、Jim、Gary、Randyそして他のPSUスタッフやその家族のホスピタリティ、参加者の熱意により10年間続きJATAC主要事業として位置づけられるまでになった。「継続は力なり」という格言のように、片岡副会長が中心となって築き上げたこの人間関係を大事にして、是非次年度以降も研修を継続したいと思う。しかし、長期間の継続は一方では「マンネリ化」をもたらすという負の側面を併せ持っている。この辺でこれまでの10年を総括する必要があるだろう。ドラスティックな修正が必要な時期なのかも知れない。
(文責 菊地俊紀 事務局長)

戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 海外研修

第15回米国研修

9月5日、例年にない暑い日本から、涼しく爽やかな(事実は爽やかであったが暑かった)オレゴンへ、JATACの米国研修に総勢27名が参加いたしました。私にとって本研修が3回目となり、今回のWorkshopは団長として参加いたしました。今回参加された方は、6・7回〜2回目の方等のベテランで経験者が多く参加されたのが特徴かと思います。「米国のATの役割(活動)と現状は?」との質問に、ヘッドトレーナーのジム・ウォーリス氏から「米国でのATの活動状況は、主として負傷者のトリートメント、リハビリテーション(マイナスからゼロ分野)とコーディネーター的な役割(Dr、PT、ストレングスコーチ、コンディショニングコーチへの振り分け)」という回答がありました。まさに日本の柔道整復師ATと全くと言ってよいほど似ています。柔道整復師有資格者こそがアスレチックトレーナーとして「はまり役」であると再認識し、いっそう意を強く致しました。また、米国のアスレチックトレーナーの実際と実情を、ジム氏ほか多くの先生方に講義と実習を頂き、多くを学ぶことができました。最終日には例年のごとく、ジム氏の自宅にて修了証書の授与(1人の落伍もなく)とバーベキューパーティで全過程が無事終了いたしました。献身的にご教授くださったポートランド州立大学メディカルスタッフおよび通訳サポートして頂いた米国でATとして活動している、白幡恭子、小高行雄の両氏に衷心より感謝と御礼申し上げます。また参加された方々全員が、集団としての役割を各々自覚して頂き、何一つトラブルもなくスムーズに研修が終了できましたことに団長として厚く御礼申し上げますとともに、今回得た多くの知識と経験をこれからの社会生活で生かしていただければ幸いです。そして、今後も多くの会員が海外研修に参加されることを望みます。(文責 原和正 団長)
※この報告はニュースレポート41号に掲載したものです

写真
まずは原団長(右から3番目)を中心にいつものバーでミーティング。
写真
研修開始。まずはトレッドミルを使ったVO2maxの測定から。
写真
「Happy Hour」で慰労会。Gary先生は次の日からハンティングに。
写真
研修の様子が地元の新聞「Oregonian]に掲載。
写真
お嫁さん募集は過去の話。Jonathanの見事なテクニック。
写真
PSU学生トレーナーの白幡さん。今はハワイで働いています。
写真
みんな真剣にテープを巻いています
写真
Jimの本家ブラインドテーピング

写真
Randyの実技はいつも新鮮。年々腹が大きくなるのがちょっと心配。
写真
高橋先生、田島先生の鮮やかな(?)ステップ。
写真
Jimの義父と義母。生粋のマリナーズファンです。
写真
向こうが本家ならこちらは元祖。原団長のブラインドテーピング。
写真
パーティ終了後、別れを惜しんでJimが部屋まで来てくれました。
写真
本研修最大のハプニング。何があったか知りたい人は本部まで。

研修旅行記

以前より、たいへん興味のあったアメリカでのアスレチックトレーナー(ATC)の活躍がどのようなものなのか確かめたく、今回初めて研修に参加させて頂ました。

私が講義で興味をもったことは、ATCの役割・テーピングの実習及びストレングス&コンディショニングの授業でした。ATCの役割では、歴史・活動内容および訴訟社会であるアメリカでの考え方など、適材適所の迅速な対応能力・判断能力、競技者とのコミ二ケーションの取り方、その中から生まれる信頼性の構築など、様々なATCとして必要な事を御教授頂きました。テーピングの実習においては、テクニック・スピードは目を見張るものがあり、私自身何度かチャレンジしましたが、足元にも及びませんでした。帰国後も、その能力に近づけるよう日々努力しております。またストレングス&コンディショニングにおいても、競技者一人一人の評価・管理能力が高く、トレーニング・リハビリメニューはウェイトだけでなくラダー・BOSU Ball・プライオメトリクスなど様々な内容を、競技者個人の能力にあわせて使い分け、パフォーマンス向上のためのバラエティーに富んだメニューでありました。その中で、「トレーニングは、よりパフォーマンスを向上させていく中でオリジナリティを持つことが大切である」という言葉が印象に残ります。私自身どうしてもパターン化していくメニュー作りの中で、もっとオリジナリティをもつ大切さを痛感致しました。これからは、世界に目を向けより努力し邁進していきたいと思います。

最後になりましたが、ポートランド州立大学のJim先生ならびに諸先生方、通訳して頂いた小高氏・白幡氏、研修中支えてくださった諸先生方、本当にありがとうございました。素晴らしい方々と出会えたことを、心より感謝しております。(文責 田島享 三重支部)
※この報告はニュースレポート41号に掲載したものです

写真
空港から直接サンフランシスコ大学へ。素晴らしい校舎に感激。
写真
夜はMLB観戦。出場が危惧されていたバリーボンズも無事(?)出場。
写真
DTのスポーツバーにて。左端がUSFアシスタントトレーナーの青山さん。
写真
最終日はケーブルカーでフィッシャーマンズワーフへ。
写真
銅像のまねをしているアーティストに脅かされてびっくり!
写真
アルカポネが収監されていた「アルカトラズ島」へ。
戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 海外研修

第16回米国研修

2008年8月29日金曜日、米国アスレチックトレーニングと人体解剖実習の研修のために、総勢17名が新東京国際空港を発った。JATACが毎年行なっている恒例のwork shopで、団長として同道するのは2回目になる。今回は加瀬建造先生が主宰する自然カイロプラクティックサイエンス協会とのコラボレーションである。また、今回の企画では、従来のアスレティックトレーナーの研修に加えて、新しく人体解剖実習が加わった新しい研修となった。私も過去数回の人体解剖実習を経験しており、今回の米国でのその実習のやり方等には大変興味を持っていた。

現地時間8月29日(金)午前8時30分頃、無事ポートランド国際空港に到着し、今回いろいろご指導を受けるポートランド州立大学のJim Wallis先生の出迎えを受けた。そして、オレゴン州の名勝である源流ラーチ・マウンテンから垂直に189メートルもの高さを流れ落ちる、年間を通して水の流れる滝としてはアメリカ国内で2番目に大きなマルトノーマ・フォールズと名所旧跡のVista House(見通しの家)を案内して頂き、宿舎であるPSU(Portland State University)のビジターハウスOndineへ到着し、16時30分よりPSUのスタッフと我々メンバーの歓迎宴を兼ねた懇親会が催された。

8月30日(土)は大学アメリカンフットボール観戦で、これから始まる研修会に向けての体勢づくりとなる。今回お世話になるPSUとWest Oregon Uの対戦であった。結局PSUが勝利を得たが、アメリカの生のフットボールをはじめて観戦し、チヤリーダーの応援や生の演奏も加わり、アメリカ人独特の熱狂的な応援ぶりなど、迫力ある競技大会を目の当たりにして感動を覚える。8月31日(日)いよいよ研修に入る。別表(次頁)のようなスケジュールで、内容豊富なレクチャーと実習が進んでいく。研修生の我々も熱心に研修に勤しんだが、この企画でGary Brodwics教授、Jim Willis准教授、そしてLarry I Crawshaw教授をはじめとする総勢13人のスタッフによる献身的な講義と実習に感動を受けながら、心から感謝を申し上げる次第である。私は前回5年前の2003年に訪問し、その時も大変素晴らしいレクチャーや実習を受けたが、今回はさらに奥深い実の濃い内容であった。一つ一つをここで詳しく説明したいところだが、紙数に制限もあるので省略させて頂くが、とにかく何度感謝の意を表しても表し足りない素晴らしい交流と研鑽であった。

PSUでの研修も9月3日(水)午前11時30分で終了し、次の研修である人体解剖実習に臨むためにAm Track(アメリカ鉄道)でSeattle(シアトル)へ移動した。はじめてのアメリカ鉄道の約4時間の旅であった。9月4日(木)8時過ぎ、解剖実習会場であるBastyr University(バスティーユ大学)に約40分かけて行く。この大学のキャンパスも素晴らしい林間の中にあり、環境の良い素晴らしい大学である。解剖実習室へ到着し、事務員の説明を受け、その後は我々だけで6献体を対象に実習が始まった。今まで当大学の学生実習で利用された後の献体であったために多少古くなった献体ではあったが、各自興味のある解剖部位を自由にメスを使って細かく検証するとともに、時には加瀬先生を中心としたレクチャーも加わり、9月6日の午前まで熱心な解剖実習を経験することが出来た。残念ながら、写真撮影は原則禁止されているために、この報告書にはプレゼンテーション出来ないが、解剖書などの印刷物とはまた違った体の神秘な仕組みの事実を見出せた実習であった。日本においては、おそらくこのような実習は不可能であろうと思う。さすがにアメリカだからこそ出来る実習と思われるが、日本でもこのような解放的な解剖実習ができれば、いろいろな知識、学術的深さをえることができるだろうと感じる。

以上、今回の研修旅行は大変実りあるものとなった。PSUでのアスレティクトレーナーの研修とBastyr Universityにおける人体解剖実習の11日間の研修は大変有意義な研修旅行となった。今後もこの研修が継続することを願うが、この間、いろいろお世話になったPSUのスタッフとBastyr Universityに改めて心から感謝を申し上げると共に、この素晴らしい企画を組んで頂き、いろいろ研修生のご面倒を献身的に見て頂いた菊地先生や加瀬先生、そしてJATAC副会長の片岡先生、また参加された全研修生の皆様に心より感謝申し上げたい。(文責 増原光彦理事)
※この報告はニュースレポート45に掲載したものです

写真
ポートランド到着後、まずはコロンビア渓谷へ。
写真
Welcome Dinner。右端は新しい日本人学生トレーナーのYoji君。
写真
フットボールゲームは大味な試合だったためつい視線はチアガールに・・。
写真
宿舎での懇親会に仕事を終えたJimがワインを片手に合流。
写真
講習1日目。まずはDuaneの「下肢のバイオメカニクス」。
写真
つづいてJimの「膝の評価」。これは誰の膝でしょう?
写真
PSUのトレーニングルームで記念撮影
写真
2日目はGaryの講座。トレッドミルを使ったVO2maxの測定。
写真
見よこの胸板!さすがカヌーのチャンピオン。皮脂厚測定より。
写真
いつものバーで行われたアダルトチーム(Over40)のミーティング
写真
懇親会ではありません。アルコール摂取の体温への影響を調べています。
写真
もちろんテーピング実習も行いました。微笑ましい光景です。
写真
クライオセラピー実習中(笑)夜に備え焼けた肝臓を冷やしています。
写真
ゴムチューブを使ったトレーニング。見本は日系の女子サッカー選手。
写真
やはりこの研修にこの写真は欠かせませんね。
写真
日程の都合で一日早いガーデンパーティ。今年も盛り上がりました。
写真
「似た者夫婦」って英語でなんて言うのでしょうか?
写真
落ち着きのない・・・もとい、少年の心をもった大人達。
写真
講習最終日。Randyによる「機能的動作テスト」。。
写真
午前中で講習を終え、ユニオンステーションへ。
写真
今回は、初の電車によるシアトルへの移動でした。

研修旅行記

今回三回目の米国研修の参加でした。加瀬先生率いるANCSの方々ともご一緒でしたので研修中にキシオテ−ピング・冷却療法の理論をいろいろと御教授して頂き大変勉強になりました。今回私にとって一番の目的だった解剖実習もとても勉強になりました。過去に何度か体験している分抵抗はありませんでしたが、4日間12時間という長い時間でどれだけ見れるか全く想像がつきませんでした。

まず初日は各献体の死因疾患と表層筋の走行を確認し、それぞれ微妙な走行の違い、筋肉量の差異より見分けにくい箇所もあり、解剖初体験の先生と一緒に参考書と照らし合わせて再確認…忘れてる事も多々あり反省です。そして昼休みに校内にある素敵なハ−ブ園を散策し、癒されながら園内にあるベンチで寝てしまい、ある先生に起こされました。ニ、三日目は各関節に絞り観察をしました。献体は関節の磨耗や関節周囲筋の衰退がかなりみられ、思わず自分の膝を撫でそうになりました。それから私が一番確認したかったトウ骨手根関節の関節円盤(TFCC)がどのような状態か確認したく観察を進めました。最終日、前日にTFCCを確認しようと探していた献体になかったので、再度他の献体にて調べましたが、確認ができず残念でした。しかし他の先生方が六大関節を始め、足関節の靭帯、距腿関節面、踵舟関節面を調べていたのを拝見し細かい説明をして頂き理解が深まりました。特に股関節は可動域が広範なだけあって殿筋の厚さや周囲靭帯の強靭さを改めて知らされました。

日頃イメージしにくかった患部や治癒になりにくかったり痛みがなかなかとれない部位を観察し理解を深めることはとても重要なので、解剖実習に参加できてイメージが描きやすくなりました。そして、加瀬先生・増原先生をはじめ、参加された先生方に御教授して頂いてから治療において色々な見解を描けるようになりました。特に筋膜は無視できない存在になり、今までの中で一番勉強になりました。これを機会に今後もご指導して頂きたいと思いました。(文責 山田美奈子 愛知支部)
※この報告はニュースレポート45号に掲載したものです

写真
世界の車窓から。今日はポートランドからシアトルをお届けします。
写真
シアトルの滞在先。3年前にも利用したモーテルです。
写真
少年の心をもった大人達2。
写真
解剖実習さきのバスティーユ大学の正門前で。
写真
州立公園内にある素晴らしいキャンパス。反対側には湖。
写真
大学付属病院も見学。日本人ドクター(高倉さん)が勤務しています。
写真
実習中の写真撮影は禁止。残念ながら実習風景はお見せできません。
写真
野球観戦前に、マリナーズのトレーニングルームを見学。
写真
試合開始まで時間があったので球場脇のバーに。大混雑。
写真
今年はバックネット裏で観戦。後ろの席に偶然ヤンキース投手の母親が(オレゴン州在住)。
写真
松井秀喜も元気に出場。やはりリベラのカッターは絶品だね。
写真
ウォーターフロントのサンセット。天候に恵まれ素晴らしい研修でした。
戻る
posted by jatac-atc at 00:00| 海外研修