JATAC|特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
Nonprofit Organization Japan Athletic Trainers Association for Certification

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるために NPO法人JATAC事務局
(お問い合わせはメール又はFAXでお願いします)

2014年12月08日

2015東京マラソントレーナー活動ご協力のお願い及び事前講習会のご案内

JATAC会員各位                           平成26年12月8日
                    NPO法人JATAC 専務理事(東京支部長) 小池龍太郎

 2015東京マラソントレーナー活動ご協力のお願い及び事前講習会のご案内

 初冬の候、JATAC会員の先生方におかれましては益々ご清栄のことと拝察いたします。日頃よりJATACの活動にご理解ご協力を賜り、感謝いたしております。
 さて、表記イベントはJATACにとって大変大きな通年行事であります。毎年3万5千人以上のマラソンランナーが参加し、ボディケアブースには400名以上のランナーが訪れます。そして、トリートメントを受けた選手からは口々に感謝の言葉が聞かれます。また、参加されたJATAC会員の先生方からも、ご自分の持つ技術がスポーツマンの役に立ったことへの喜びの笑みを見ることができます。
 東京マラソンのような知名度の高い、大きなスポーツイベントのスタッフとして活動することは、各地域での先生方の信頼度がより一層高まることと思います。「東京マラソンで活躍している先生になら、安心して身体をまかせられる。」と。 6年後、東京でのオリンピック、パラリンピック開催が決定されました。世界中の有名アスリートたちが東京に集結いたします。JATACといたしましても何らかのかたちで参入を計画しております。その際には先生方の技術がアスリートの活躍を支援することと思います。
 なお、東京マラソン実施の1ヶ月前には「ランナーに対する最新のスポーツマッサージ」と題しまして講習会を開催いたします。東京マラソンにご参加できない先生方もふるってご参加下さい。認定単位の講習会です。
 寒さ厳しき折、御身体ご自愛下さいますようお祈りいたします。 敬具


●東京マラソン・・・・・平成27年2月22日(日) 11:30〜17:00
東京ビッグサイトフィニッシュ会場でのボディケア

●東京・埼玉支部合同研修会・・・平成27年1月18日(日) 受付13:00、      
       場 所・・・ 浜町区民館(東京都中央区日本橋浜町三丁目37番1号)
              都営地下鉄新宿線浜町駅下車A2番出口徒歩5分
       演 題・・・ 「ランナーに対する最新のスポーツマッサージ」
       講 師・・・ 広橋憲子先生(筑波技術大学非常勤講師、元JOC強化委員、JOC競泳日本代表 
              チーム帯同トレーナー、ワキはりマッサージ整骨院副院長)
       内 容・・・ ●講習:実技13:30〜16:30
              ●東京マラソン2015説明会16:30〜17:00
参加費・・・ 会員:2000円、学生:1000円、非会員:3000円
単 位・・・認定更新(支部研修会)2単位、特別認定(一般会員他)スポーツ医学領域2単位

*参加ご協力頂ける先生は12月末日までに東京事務局にご連絡下さい。多くのご参加をお待ちしております。
*東京事務局:
 こしみず接骨院内  電話:03−6228−1190  Fax:03−6228−1193
E-mail:sekkotsu-koshi@kyi.biglobe.ne.jp
posted by jatac-atc at 15:16| 本部研修会

2014年10月31日

JATAC本部主催講習会(2014大阪)のご案内

JATAC本部主催講習会(2014.12大阪)のご案内
2014年はスポーツ界で様々な事故が問題となりました。特に脳振盪に関してはNATAも10年ぶりに新たなガイドラインを発表するなどここ数年で大きな変化が起きています。
講師の松本みどり先生は(NATA-ATC)は2010年に資格を取得後、2012年までCalifornia Baptist UniversityにてGraduate Assistant Athletic Trainerとして活躍され、今年より龍谷大学の学生アスリートたちの健康管理やスポーツ障害予防を担っています。最新の知見そして米国などでの臨床経験に基づく緊急時対応を学べる機会です、会員の皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】26年12月7日(日)
【場所】平成医療専門学校(大阪市北区中津6-10-15)
阪急電鉄、中津駅より徒歩2分(大阪市営地下鉄御堂筋線、中津駅より徒歩7分)
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/outline/access.html
【内容】
9:00 一般(学生)会員向けテーピング講習会(基礎編2:伸縮テープの応用)(要予約)
(牛島詳力 NATA-ATC,JATAC-ATC 関西医療大学講師)
11:45 昼食
12:45 「緊急時対応の基本」
松本みどり先生(NATA-ATC、龍谷大学アスレティックトレーナー)
14:30 「脳振盪のスポーツ現場における評価」
松本みどり先生(NATA-ATC、龍谷大学アスレティックトレーナー)
16:00 講師への質疑応答、
17:00 終了
【参加費】JATAC会員:参加予約者3000円(当日参加4000円)
       一 般:参加予約者4000円(当日参加6000円)
     一般・学生:参加予約者2000円(当日参加3000円)
(ただし、参加予約のJATAC学生会員は無料)
●テーピング講習会参加者はいずれも実費1000円プラス(要予約)
(テーピング、その他とも要予約:1週間前までにメールにて予約)
【単位】 1)正会員(更新単位)2単位+テーピング2単位
2)特別単位(一般会員、学生会員)
「緊急時対応の基本」            スポーツ医学領域1単位
「脳振盪のスポーツ現場における評価」    スポーツ医学領域1単位
「テーピング講習」           スポーツ医学領域2単位
【予約申し込み】JATAC大阪支部事務局竹本メール:takemoto@sky.zaq.jp  FAX:072-438-0003
【人数】会場の都合により先着順で定員(80名)になり次第申込みを締め切ります。
メールまたはFAXでお申し込みください。
posted by jatac-atc at 15:50| 本部研修会

2013年12月09日

後期本部研修会報告

12/8大阪・平成医療学園専門学校(北区中津)での
後期本部研修会が開催・終了致しました。

当日の模様をご報告致します。

今回の講演プログラムは(敬称略)
@認定テーピング講習(基礎編2)
 牛島詳力(関西医療大学講師/NATA-ATC/本部理事・大阪支部長)
AIASTM(器具を用いた軟部組織モビライゼーション)の歴史と現況
 青野由紀(関西医療学園専門学校鍼灸科講師)
B神経生理学から考えるスポーツニューロリハビリテーション
 宮崎喬平(大阪回生病院理学療法士/NATA-ATC)
でありました。

JATAC単位修得認定校での開催と言う事もあり
関西医療学園専門学校学生の参加者は多かったのですが
本年、活動報告会を開催した宝塚医療大学を始め
他校の学生会員参加者も多く見受けられました。

テーピング講習はもとより、
両講演とも治療に関するテクニックが学べる機会でもあり
関心が高かった事が伺える。


【テーピング講習】

DSC_0155.JPG

DSC_0153.JPG

認定テーピング講習会ではありましたが
JATAC歴戦の会員方が参加されていた為、
学生への実技指導へ当然のようにサポートに入られました。

技術継承の縮図が垣間見れた講習だったと感じております。
若い方々が貪欲に技術を習得したいと思うのは当然として、
既存の会員もそれに負けることなく技術の修練・磨き上げをする場として
認定講習を利用する価値は高いのではないでしょうか。

【IASTM】

DSC_0159.JPG

DSC_0161.JPG

DSC_0162.JPG

DSC_0163.JPG

鍼灸の分野では馴染み深い治療で
中国から伝承した頃からの技術との事です。

それを練り直し現代に通用する
技術と道具を使うのがIASTMとの事。
本来であればなかなか受けることの出来ない講演ですが、
短い時間とは言え専門的な技術講習を受ける事が出来る
良い機会だったようで、参加者は熱心に聞き入っておられました。

【スポーツニューロリハビリテーション】

DSC_0165.JPG

DSC_0166.JPG

DSC_0167.JPG

DSC_0168.JPG

ニューロリハビリテーションは近年、
医療リハビリテーションの現場で用いられる理論ではありますが
それを、スポーツトレーニングなどにも応用出来ないかと
研究をされている第一人者が宮崎先生であり、
最後の質疑応答でもあったのですが
この理論・技術を継続的に勉強する場はないかとの質問に
既存の神経生理・運動生理・解剖学等の文献・理論を
組み合わせて行けば辿り着く考えであり
専門的な講演と言うのはまだないのではないかと応えておられました。
現場で活躍する会員には直ぐにでも実践・研究できる題材で、
学生にとっては今、学んでいることを
深く掘り下げる事の必要性を感じ取れる講演であり、
最先端の理論に触れられた価値ある時間でした。


JATACの活動に賛同頂く歴々の先生方の
貴重な時間を割いての講演を頂けたことに感謝しつつ、
多彩な講演を拝聴する事が出来るJATAC会員である意義を
改めて感じとれた研修会だったと結び、
報告とさせて頂きます。

文責 N.S
posted by jatac-atc at 23:23| 本部研修会